お肌の美白にはスキンケアや紫外線対策が重要です

夏場は小麦色の肌が健康的に見えますが、やはり白い肌は憧れです。肌を白く保つためには様々なことに気をつけなければなりません。まず第一には紫外線対策をすることです。紫外線はメラニンを生成しシミやそばかすの原因となります。そしてそれは私たちが思っているよりもとても強力で曇っていても降り注いでいます。ですから外出の際には日焼け止めクリームを塗ったり帽子や日傘などで対策をしなければなりません。午前10時から午後3時くらいまでの間が特に強力ですが、紫外線は窓からも入ってくるので家にいるからといって安心はできません。美白のためには一日中家にいる時でも日焼け止めは塗っておいた方がいいでしょう。

抗酸化作用の強い成分が含まれた食物をとることで、身体の中から美白成分を取り入れることもできます。抗酸化作用の強いビタミンCやEを多く含むものは、ブロッコリーや人参、小松菜やほうれん草、アボカドやトマトなどがあります。またローズヒップやハイビスカスのハーブティーも効果があります。他にはアスタキサンチンという成分が多く含まれる鮭やイクラ、エビやカニなども多く摂取するといいでしょう。そういった食材をなかなか多く摂取できない場合はサプリメントで補うと効果的です。そして美白効果のある化粧水や美容液などでスキンケアをすることも大事ですが、メイクをしっかり落として肌の表面を整えてからケアをしなければ効果が表れませんので、まずはしっかりとクレンジングをして洗顔で肌を綺麗に整えてから美白ケアを行いましょう。

人気のスキンケアについて、情報量が多いこのサイトを一度覗いて下さい★